A-Plusについて

その半数近くの生徒が高3の春の時点から、1年で模試得点200点以上アップ(900点中)して合格しています。センター試験で80%から70%の得点をとるのはそんなに難しくありません。
センター試験、5教科7科目の平均得点率は2013年61%、2012年65%、2011年63%、3年間の平均では63%になります。つまり難関国公立の合格ライン80%の得点率をとるためには全国平均より17%、中堅国公立の合格ライン70%の得点率をとるためには7%多く得点すればよいだけなのです。

学校で受験してきた模擬試験の偏差値が高3になって下がった、合格判定が悪くなったという話をよく聞きます。その理由を知っていますか?
勉強をさぼったから、周りが勉強し始めたから、色々な要因が考えられますが最も大きな原因はほかにあります。

私立文系にしぼるなど苦手な科目を受験する生徒が減ってしまう

高2までは全員必修で受験していた模試ですが高3になると受験に必要な科目だけの受験になることがほとんどです。具体的にいうと高3で私立文系、英語、国語、社会に受験科目を絞る生徒さんはたくさんいます。多くの皆さんは得意な科目を使って受験しようとします。つまり、苦手な科目を受験する生徒さんが減ってしまうのです。
このことが平均点を上げる一つ目の要因です。

私立中高一貫進学校の生徒も同じ模試を受験

次に私立の中高一貫校の進学校の生徒さんは公立の学校よりも1年分以上の先取り学習をしています。具体的には中学3年生で高1の内容を学習しており、実際にある進学校では、中3生がセンター試験の翌日に数学ⅠAや英語、国語の問題を学校で演習したりしています。その生徒さんたちは高1、高2の間は公立の生徒さんとは違う模試を受験している場合がほとんどです。つまり、高2までは同じS研模試を受験していても内容、テスト範囲が全く違う模試を受けているのです。
高3になるとその生徒さんたちが公立高校の皆さんと同じ模試を受験するようになります。私立中高一貫校の進学校の生徒さんが同じ模試を受験するようになるのです。学力の高い生徒さんが多いのでこれも平均点を上げる二つ目の要因になります。

浪人生も同じ模試を受験

最後に浪人生も同じ模試を受験するようになるということです。どうしても東京大学、京都大学、大阪大学に行きたいといった上位生は第2志望の大学に合格してもその大学には進学せず浪人する生徒さんがたくさんいます。
そのような浪人生も同じ模試を受験するようになるのです。


近年、ほとんどの受験生がセンター試験を受験するようになり、毎年約55万人がセンター試験を受験しています。その平均が63%です。
100点満点のテストに例えると、約50万人中、25万番目の受験生の得点が63点なのです。
つまり難関国公立のボーダーといわれる80点の得点率をとるためには25万番目の受験生より17点多く得点すればよいのです。中堅国公立70点の得点率をとるためには7点多く得点すればよいだけ
なのです。各教科ほんの数問多く正解すれば中堅国公立大学に合格するチャンスがあるのです。つまりセンター試験で高得点が取れないのは「できない」ではなく「間に合わない」からなのです。

これまで述べてきたようにセンター試験は決して難しいテストではありません。早期スタートで全員が80%~70%の得点をとることが出来るのです。

現在、岡村ゼミナールグループ 代ゼミサテライン予備校A-Plusでは無料招待講習を実施しております。
無料講座受講の生徒さんも塾生同様、自習室、質問指導などのサービスをご利用いただけます。

国公立 難関私大合格 入試戦略説明会にも無料招待!

無料招待講習受講者には国公立、難関私立大学合格のための正しい勉強法、受験戦略について詳しく説明会する入試戦略説明会にも無料ご招待させていただきます。無料講座を受講していただき、詳しい説明を聞いていただいたのちに早期スタート、入塾についてご検討ください。
(何度も繰り返し電話をかけるなどの無理な勧誘はいたしません。)

お申し込み・お問い合わせはこちらから

皆様のご連絡を心よりお待ち申し上げております。
随時、資料請求・入学申し込みを承っています。どうぞお気軽にお問い合わせください。