岡村ゼミナール > 小学部公立進学コース

小学部公立進学コース

公立トップ高校進学を目標に大きく伸びる芽を育てる!
公立中学から公立トップあるいは上位高校への進学を目指すコースです。学習習慣を定着させ、6年後、5年後、あるいは3年後という長い道のりを決して息切れすることなく、将来にわたって大きく伸びるためのしっかりとした土台をつくります。
小学時代は樹に例えるなら最も大切な根っこの部分を育成する時期です。そのため、小学生の間に家庭での学習習慣の確立、読み書き計算の力をしっかりとつけておくことが大切であると岡村ゼミナールは考えます。何故なら、学力(理解力)はその大部分が言語と数理によって成り立っているからです。そして、高い学力を獲得するために欠かせないのが、豊富な言語力であり、速くて正確な計算力なのです。

小学部公立進学コース

このコースの対象学年は、小2~小6です。

授業について


クラス人数は一人ひとりに目が届く15名までとします。
質疑応答を通して子どもたちの反応を確認しながら、学校の予習となるような授業を進めていきます。

宿題

基本的には「やる気」さえあれば出来るような内容、その日に習ったことの復習となる内容を宿題にします。
そんなに大きな負担にならない程度ですから、出された宿題は必ずしてきて下さい。
時には一人で解けないような問題があるかも知れませんが、次の授業時間に行う宿題の解説でフォローします。

評価

毎日の学習の成果は、授業カリキュラムに連動した内容の「学力テスト」を年5回実施。理解不充分な事柄は授業の中で復習します。
そして各学期に一度、公立中進学を考えている生徒を対象に「育伸模試」を実施。広域にわたる多数の子供達のなかでの総合的な学力を試します。

講習会

学校の春・夏・冬の休暇を利用して集中授業を行います。
通常授業→家庭での復習→通常授業といった毎日の小さなサイクルの繰り返しに加えて、学期ごとの集中授業で前学期あるいは前学年に遡って大きなサイクルでの復習をします。
学習内容が難しくなる小学5年生以上は通常授業の一環として行います。(原則必修参加)

英語

当塾の英語では「聞く」・「話す」を主にした指導をします。※小4より
子どもが興味を持ついろいろなジャンルの題材をゲーム感覚で楽しく学びます。CDが配布されるので自宅でも好きな時間に聞いて復習ができます。

漢字検定に挑戦

高校入試までに何年もある小学生にとっては、オフィシャルな資格である漢検は格好の目標となります。
目標を立てることで日々の学習に励みができ、合格は「やればできる!」という自信につながります。
当塾の小学生の多くが毎年漢検に挑戦し、合格という勲章を手に入れています。