岡村ゼミナール 稲美校

新着情報・教室からのお知らせ

太平洋高気圧が強すぎて

エントリー投稿日:2018/07/17

中2理科、天気で「雲のでき方」を習います。

激しい熱射のために、地面が温められ、地面に接する空気の温度が上がり、

上昇気流が発生する。空気は上空にいくほど気圧が下がる。

気圧が下がると体積は膨張し、温度が下がる。 

温度が下がり、露点に達すると水滴が生じる。

この水滴や氷が上空に浮かんでいるのが雲です。

水滴は更に集まって大きい水滴になり、上昇気流で支えられなくなり、

雨となって落ちる。というシステムです。

今は太平洋高気圧が強すぎて、
下降気流が上昇気流に打ち勝ち、

夕立を降らせる入道雲が湧き立ちにくいそうです。

それほどまでに、記録的な7月の暑さをもたらしている太平洋高気圧が

強すぎる、と天気予報で言っておりました。


教室ページTOPへ戻る

お問い合わせ窓口