岡村ゼミナール 稲美校 カテゴリ:お知らせ

新着情報・教室からのお知らせ

塾の夏休みのご案内

エントリー投稿日:2018/08/08

今日8日は、中3、中2にとっては講習の11日目、小4~中1は補習日です。

そして明日から19日(日)まで、岡村ゼミナールも夏休みです。
 
10.11.12日に、鉢伏高原にウルトラ合宿に行ってもまだお休みがあります。

しっかりと鋭気を養って、夏季講習後半→2学期に臨みたいと思います。

8月20日(月)から夏季講習最終週となります。

夏休みの学校の宿題もすっかり終わらせた状態で、塾に来てください。

教室ページTOPへ戻る

夏季講習、折り返し点

エントリー投稿日:2018/08/04

中2・中3の夏季講習は、実力テスト対策を除けば15日間。

そして昨日前半の8日間が終わりました。

振り返ってみますと、①危険な暑さの中での通塾。

②オープンハイスクール、吹奏楽、県大会に備えた練習のためのやむを得ぬ遅刻。

などはありましたが、順調に進めてこられていると思います。

来週からお盆の休みまで、合宿まで、気を抜かずに頑張りましょう。

台風の進路予測が気にはなりますが、気をもんでいても状況は改善しません。
 
毎日をベストを尽くして、いい結果になるよう(合宿に予定通りいけるよう)

「人事を尽くして天命を待つ」といきましょう。

 

写真は家のプランターで作っている オクラです。今年知りました。上向きにできるってこと。

教室ページTOPへ戻る

火星大接近

エントリー投稿日:2018/07/30

以前この欄に、火星が赤く輝いていることを書きました。

それもそのはず、火星がちかづいているからなんです。

火星はおよそ2年2か月ごとに地球に接近し、観察の好機を
迎えます。

今年の7月31日(明日)は地球と火星の間の距離が5759万Km。

6000万Kmより近い距離での接近となるのは、2003年以来15年ぶり、とのこと。

現在の中学生が生まれて、はじめてのことになります。

火星の明るさは6月下旬から9月上旬頃までマイナス2等を超え、観察しやすい

時期が長
く続くそうです。

また、ここ数日、日の入り後、西の空に宵の明星(金星)も見えそうです。

火星、土星、木星、金星が同じ日にみられる!なんというチャンス!

是非この機会に、見上げてごらん~ 夜の星を~!


教室ページTOPへ戻る

ハスの葉のお話

エントリー投稿日:2018/07/28

前回、この欄にハスの葉の気孔は裏側にはなく、表側にある、と書きました。

ハスの葉には他にも、不思議なことがあります。

雨が降っても水を弾き、葉がべたべたに濡れるということがありません。

サトイモの露のように水滴が丸くなり、茎のように見える葉柄から葉の外に

出されるのです。

なぜ、水が水滴(玉)になるのか、それこそがハスの葉の秘密です。

ハスの葉の表面は微細なぶつぶ
つ(突起物)があり、葉の表面で水が

表面張力によって水滴になる。これをロータス効果と言うそうです。

(ロータスはハスの英語 lotus)

このロータス効果は、蝶の羽の鱗粉もそうですし、ご飯を入れるぶつぶつのついた

しゃもじ、くっつきにくいヨーグルトのふた等に応用
されています。


教室ページTOPへ戻る

きこうのお話

エントリー投稿日:2018/07/25

もはや「自然災害」ともいえるこの夏の異常な暑さ。

小学生は、物心ついてからあまり多くの夏を経験していないので、

「夏の暑さってこんなもの」と思うかもしれません。

私は今年55歳になります。小学校に入学してからおよそ50年。

今までこんなに暑かった夏の記憶はありません。

ここ数年、夏の高校野球の兵庫県予選の試合を見に行くことを楽しみにしておりま

すが、今年ばかりは、暑すぎて、熱中症も心配で、見に行こうとは思いません。


さて、今日のきこうの話は「気孔」。

中学生の夏季講習、植物の単元で
「気孔はふつう葉の表側より、裏側に多い。」

と習います。「じゃぁ、ふつうでないってどんな場合?」

答えは…ウキクサやハスなど水面に浮かぶ植物です。

葉の裏が水なので気体の
出入りができません。

ハスの葉で立って水面に接していない葉も、葉の裏側に
気孔はない

(あっても少ない)そうです。


教室ページTOPへ戻る

お問い合わせ窓口