岡村ゼミナール 相生駅前校

相生駅前校

相生市本郷町6-3
TEL 0791-22-2207

 
新着情報・教室からのお知らせ  

岡山白陵入試結果

エントリー投稿日:2016/01/08

あけまして おめでとうございます。

さて昨日は私立中学入試の口火を切って岡山の入試結果が発表されました。

今年も全員(3名)合格するだろうと思っていましたが

やはり岡山白陵に全員合格しました。

5年生からずっと同じメンバーで途中で入ってきた生徒もいなくなった生徒もなく

ただ黙々と課題をこなしていた彼らも逞しくなったものです。

今回の合格はその証ですね。中学に通うことになっても頑張ってくれるでしょう。

こちらの教室で授業をすることになったのも

3年前に赤穂から姫路に通ってくれていたT君に

「よし相生で授業が受けられるようにしよう。」と言ったのが最初になります。


以来少ないながら通ってくれた生徒全員が岡白・淳心に入学しています。

来年は・・・・・現在小5の生徒達・・・頼むよ!

朝が来た

エントリー投稿日:2015/12/15

一般の教室ではこれからになりますが

相生駅前の所属生については保護者懇談がほぼ終了しました。

改善のための最初の行動は「現状を正確に知ること」です。

生徒の学力向上もその第一歩は「気付き」です。

新しく学んだこと

すでに学習していて理解できていなかったこと身についていなかったこと・・・・。

すべて出発点はその「気付き」にあります。

(担当者として気付いていなかったことを教えてもらうこともありました。)

是非懇談の機会がその「気付き」の場として機能しており

さらに良い方向に進むきっかけとなっていて欲しいものです。


さて毎週土曜日・日曜日は授業開始が午前10時なのですが

家を出るのは午前7時半頃で生徒は8時半ごろにはぼつぼつやって来ています。

その教室に向かう車中でNHKの朝ドラ主題歌を」口ずさんでいることが増えました。


特に思い通りにならない日は 明日頑張ろう」のところを


大きな声で歌っています。

(中学校の時音楽はずっと2でしたが今なら4はつけてもらえそうに思います。)

中にはそんな保護者の方もおられるかも知れませんね。

子供に一緒に歌わせるのもいいかもしれませんよ。







面白可笑しく苦しい授業④

エントリー投稿日:2015/12/07

昨日の授業で

問題:十二角形の内角の和を求めなさい。→小5と中2で出てきます。

私   「多角形の内角の和は決まっとったね。何度やったかな。」

生徒達 「360度!」

私   「そうやな・・・君十二角形の外角の和は何度や。」

・・・君 「360度」

私   「一組の内角と外角の和は?」

生徒達 「180度!」

私   「すると内角の和は180度が十二組あって外角の和が360度やから

        180×12-360=1800度  やな。」

      ここで

M君 「先生多角形は何角形からですか?」

私  「☆彡( ゚Д゚)▽□▲・・・アラサコラサ・・・。」

「一角形ってあるか。」

M君 「無い」

私 「二角形は。」

M君 「無い」

私 「じゃあ三角形は。」

M君 「ある。」

私 「三角形は多角形やな。」

M君「違うと思う。」


「ハイ.今日から三角形は少角形な!」

もちろん多角形の内角の求め方については何回も取り上げています。

参りました。

動画授業

エントリー投稿日:2015/11/23

出張で東京に行ってきたので久々に授業の代講を立てました。

私が授業の代講を立てるのはオリンピック並みの頻度でしょうか。


(授業を行うようになって・・・年病気で休んだことは0回です。エヘン!)


しかし生徒もたまには雰囲気が変わって良かったかもしれません。


さて希望者には毎週授業で実施した小テストと解説をPDFで送付していますが


習熟度の向上度はかなりの差があります。


それで解説ビデオ授業をつけてはどうかと考えて勉強会に行ってきたのです。


教室に来る時間をなるべく減らし家庭学習を効果的に行わせるためには


WEBの利用は一つの解答になるはずですし保護者の関与も期待できるはずです。


現在 ホームページに貼ってあるものを作成したのはもう6年前になりますが


少し本格的に取り掛かろうと考えています。


以下ご参考まで


http://ok-semi.sakura.ne.jp/sample.html

上記URLアドレスをコピーしてアドレスバーに貼ってご覧ください。


子供をダメにする親

エントリー投稿日:2015/11/17

誰でもうまくやろうと思っているはずなのですが

結果的にうまくいかないことがあるのは残念なことです。

一度チェックしてみてください。

「叱る」と「怒る」の違いが分からない親

② 子供の様々な状況について把握しようとしない

③ 子供に必要以上に神経質な親

④ 当事者意識の薄い評論家的な親

⑤ 子供に過剰なまでの期待をかける親

⑥ 向上心のない親(=目的意識のない親)

⑦ 何事にもつき否定的・批判的な親

皮肉や愚痴を言う親

お問い合わせ窓口